ロゴ
松江音楽国際交流協会 | 松江音楽国際交流協会

松江音楽国際交流協会

設立の趣旨

この会は、松江市において世界的にも広い視野にたった多彩な音楽活動を通して、音楽文化の向上に寄与することを目的として設立された。

その目的を達成するために

①市民・子どもたちの音楽文化に対しての理解と恒常的な発展を促す事業。
②世界の演奏家の演奏・講習等を通して世界へとつながり、諸外国との相互交流を図る事業。
③海外での演奏会・講習会に参加し、参加者の自己研鑽および海外演奏家との交流を広げる事業。

等を企画し、運営していく団体である。

近年の国際社会のグローバル化を受けて、松江市の音楽シーンにおいても徐々に海外との交流が望まれてくるようになった。これまで、海外との交流に関しては一部で実施されてきてはいたが、民間レベルの情報やノウハウ、資金での実施には、まだまだハードルが高いものがあった。しかし、近年では松江クラシックス音楽祭2015・2016・2017等を通じて、諸外国の演奏家が松江市に滞在しつつ、民間レベルで地元音楽家と交流しながらひとつのコンサートを作り上げる機会が増えてきつつある。本協会は、この広がりをさらに進めるべく、交流関係のできた海外演奏家と、より深く継続的な活動が実現できるように支援すべく立ち上げられた。

役員・組織図

松江音楽国際交流協会
・会長
  株式会社 江友
  代表取締役 伊藤 孝一

2018年度 イタリア演奏旅行派遣団
・団長 伊藤 孝一
・演奏者 ヴァイオリン 8名
     ヴィオラ 3名
     チェロ 2名
     コントラバス 1名
・事務局スタッフ 渡部 学
         岩﨑 史子
         飯野 公夫

イタリア受け入れ
Associazione Corale Santa Cecilia di Maderno
(サンタ・チェチーリア・コラーレ協会)